【PSO2】フォースのスキル振り【EP4】 | SOULWAVE

SOULWAVE

チーム「SOUL」がおくる オンラインゲーム情報サイト

チームメンバー募集中!

【PSO2】フォースのスキル振り【EP4】

PSO2 EPISODE4に対応したフォース(Fo)のスキルツリーです。

優先度が高いスキルを中心に、自分の好みやプレイスタイルに合わせてカスタマイズしましょう。
スキルツリーを見直したい方や、新しくクラスを始めたい方にもおすすめです。

尚、掲載しているスキルツリーは一例であり、それ以外のスキルツリーを否定するものではありません。
あくまでも個人的なおすすめとなっています。



クラスについて

フォース(Fo)はテクニックの使用に特化した遠距離戦闘向きのクラスです。

テクニックによる攻撃はもちろん、レスタ等による支援も可能ですが、
HPは全クラス中最低であり、非常に打たれ弱い点に注意する必要があります。

専用武器は「ロッド(長杖)」「タリス(導具)」の2つ。
状況やテクニックに合わせて使い分けると良いでしょう。

サブクラス選択

フォース(Fo)をメインクラスとして運用する場合、サブクラスは基本的にテクター(Te)になります。

メインクラス用

使いたいテクニックの属性によって振り方が変わります。
可能であれば属性ごとにスキルツリーを用意した方がよいでしょう。

エレメントコンバージョンの関係上、テクニックの属性と武器の属性は合わせた方が良いでしょう。
また、サブクラスの武器を使用したい場合は装備条件に注意しましょう。

炎ツリー

fo12016ep4
スキルシミュレーターで見る
炎に特化したスキルツリーです。
炎ツリーはチャージ短縮のスキルがあるので、立ち回りは非常にしやすいですが、PP消費が激しいのでPP管理をしっかりとする必要があります。

画像スキル名優先度解説
法撃アップ1法撃アップ1必須多くのスキルの前提となるスキル。
まずはこのスキルをLv3まで取ろう。
チャージPPリバイバルチャージPPリバイバル必須テクニックのチャージ中にPPが回復するスキル。
必ず取ろう。
エレメントコンバージョンエレメントコンバージョン必須武器の属性値をテクニックのダメージボーナスに変換するスキル。
全振りしよう。
テックJAアドバンステックJAアドバンス必須テクニックのジャストアタックにダメージボーナスを得るスキル。
こちらも全振りしよう。
テックチャージアドバンステックチャージアドバンス1
テックチャージアドバンス2
必須チャージテクニックのダメージが上昇するスキル。
どちらも全振りしよう。
フレイムマスタリーフレイムマスタリー1
フレイムマスタリー2
必須炎系テクニックの威力が上昇するスキル。
どちらも全振りを推奨だが、
育成中であればフレイムテックSチャージを先に取ろう。
フレイムテックSチャージフレイムテックSチャージ必須炎系テクニックのチャージ時間を短縮するスキル。
全振りしよう。
タリステックボーナスタリステックボーナス投げたタリスから発動するテクニックに威力ボーナスを得るスキル。
タリスを使うのであれば全振りしよう。
チャージエスケープチャージエスケープテクニックチャージ中に回避アクションを使用すると、
一時的にチャージ中の状態をキープするスキル。
必要SPが少ないので育成中であれば早めに取ってもよい。
ロッドキープボーナスロッドキープボーナスロッド装備時、PPを消費せずにチャージエスケープで
キープしたテクニックを使用出来るスキル。
ロッドを使うのであれば取っておくとよい。
法撃ハイアップ法撃ハイアップ5振りで法撃力が+120されるスキル。
武器の装備条件に関わるので、育成中であれば先に取っても良い。
レアマスタリーフォースレアマスタリーフォース☆10以上の武器を使うのであれば1振りしておきたいスキル。
Lv2以降を習得する価値はほとんどない。
フォトンフレアフォトンフレア一時的に法撃力を上昇させるスキル。
先にフォトンフレアアフターバーストの前提分を振って、
最後に余ったSPを振るのもアリ。
フォトンフレアアフターバーストフォトンフレアアフターバーストフォトンフレアの効果終了後、30秒間法撃力が上昇するスキル。
フォトンフレアアドバンスフォトンフレアアドバンスフォトンフレア発動時に、さらに法撃力が上昇するスキル。
先にフォトンフレアブーストの前提分を振って、
最後に余ったSPを振るのもアリ。
フォトンフレアブーストフォトンフレアブーストフォトンフレア発動時に、状態異常を与える確率が上昇するスキル。
状態異常を与えたいのであれば、全振りしてもよい。
ロッドシュートロッドシュートロッドの通常攻撃時に法撃弾が追加されるスキル。
振るなら1振りor3振りor5振り。
ノーマルテックアドバンスノーマルテックアドバンスチャージしていないテクニックのダメージが上昇するスキル。
未チャージのテクニックは有効な場面が限られるため、優先度は低い。
法撃アップ2法撃アップ2法撃力が上昇するスキル。SPが余れば振ってもよい。
振る際は効果が高いこちらの方から振ろう。
PPアップPPアップ1
PPアップ2
PP最大値が上昇するスキル。SPが余れば振ってもよい。
法撃アップとは違い、効果は1と2のどちらも同じ。
タリスファストスロータリスファストスロータリスの速度が上昇するスキル。
欲しいのであれば振ってもよいが、使いにくい。
バーンブーストバーンブーストバーン確率が上昇するスキル。
効果が低いのであまり期待はできない。

氷ツリー

fo22016ep4
スキルシミュレーターで見る
氷に特化したスキルツリーです。
氷ツリーはイル・バータによる瞬間火力が高く、単体相手に非常に強力です。
また、状態異常系のスキルを振ることで敵を足止めすることも可能になりますが、火力特化型のツリーと比較すると若干火力は落ちてしまいます。

画像スキル名優先度解説
法撃アップ1法撃アップ1必須多くのスキルの前提となるスキル。
まずはこのスキルをLv3まで取ろう。
チャージPPリバイバルチャージPPリバイバル必須テクニックのチャージ中にPPが回復するスキル。
必ず取ろう。
エレメントコンバージョンエレメントコンバージョン必須武器の属性値をテクニックのダメージボーナスに変換するスキル。
全振りしよう。
テックJAアドバンステックJAアドバンス必須テクニックのジャストアタックにダメージボーナスを得るスキル。
こちらも全振りしよう。
テックチャージアドバンステックチャージアドバンス1
テックチャージアドバンス2
必須チャージテクニックのダメージが上昇するスキル。
どちらも全振りしよう。
アイスマスタリーアイスマスタリー1
アイスマスタリー2
必須氷系テクニックの威力が上昇するスキル。
どちらも全振りを推奨。
タリステックボーナスタリステックボーナス投げたタリスから発動するテクニックに威力ボーナスを得るスキル。
タリスを使うのであれば全振りしよう。
チャージエスケープチャージエスケープテクニックチャージ中に回避アクションを使用すると、
一時的にチャージ中の状態をキープするスキル。
必要SPが少ないので育成中であれば早めに取ってもよい。
ロッドキープボーナスロッドキープボーナスロッド装備時、PPを消費せずにチャージエスケープで
キープしたテクニックを使用出来るスキル。
ロッドを使うのであれば取っておくとよい。
法撃ハイアップ法撃ハイアップ5振りで法撃力が+120されるスキル。
武器の装備条件に関わるので、育成中であれば先に取っても良い。
フォトンフレアフォトンフレア一時的に法撃力を上昇させるスキル。
先にフォトンフレアアフターバーストの前提分を振って、
最後に余ったSPを振るのもアリ。
フォトンフレアアフターバーストフォトンフレアアフターバーストフォトンフレアの効果終了後、30秒間法撃力が上昇するスキル。
フォトンフレアアドバンスフォトンフレアアドバンスフォトンフレア発動時に、さらに法撃力が上昇するスキル。
レアマスタリーフォースレアマスタリーフォース☆10以上の武器を使うのであれば1振りしておきたいスキル。
Lv2以降を習得する価値はほとんどない。
フリーズキープフリーズキープ状態異常を重視するのであれば全振りしよう。
その場合、フォトンフレアに振り切れなくなる点に注意。
フォトンフレアブーストフォトンフレアブーストフォトンフレア発動時に、状態異常を与える確率が上昇するスキル。
フリーズキープを取るのであれば、全振りしよう。
ロッドシュートロッドシュートロッドの通常攻撃時に法撃弾が追加されるスキル。
振るなら1振りor3振りor5振り。
ノーマルテックアドバンスノーマルテックアドバンスチャージしていないテクニックのダメージが上昇するスキル。
未チャージのテクニックは有効な場面が限られるため、優先度は低い。
法撃アップ2法撃アップ2法撃力が上昇するスキル。SPが余れば振ってもよい。
振る際は効果が高いこちらの方から振ろう。
PPアップPPアップ1
PPアップ2
PP最大値が上昇するスキル。SPが余れば振ってもよい。
法撃アップとは違い、効果は1と2のどちらも同じ。
タリスファストスロータリスファストスロータリスの速度が上昇するスキル。
欲しいのであれば振ってもよいが、使いにくい。
フリーズブーストフリーズブーストフリーズ確率が上昇するスキル。
効果が低いのであまり期待はできない。

雷ツリー

fo32016ep4
スキルシミュレーターで見る
雷に特化したスキルツリーです。
雷ツリーはPP消費を軽減するスキルがあるため、継戦能力は高いですが、瞬間火力が低いという点に注意しましょう。

画像スキル名優先度解説
法撃アップ1法撃アップ1必須多くのスキルの前提となるスキル。
まずはこのスキルをLv3まで取ろう。
チャージPPリバイバルチャージPPリバイバル必須テクニックのチャージ中にPPが回復するスキル。
必ず取ろう。
エレメントコンバージョンエレメントコンバージョン必須武器の属性値をテクニックのダメージボーナスに変換するスキル。
全振りしよう。
テックJAアドバンステックJAアドバンス必須テクニックのジャストアタックにダメージボーナスを得るスキル。
こちらも全振りしよう。
テックチャージアドバンステックチャージアドバンス1
テックチャージアドバンス2
必須チャージテクニックのダメージが上昇するスキル。
どちらも全振りしよう。
ボルトマスタリーボルトマスタリー1
ボルトマスタリー2
必須雷系テクニックの威力が上昇するスキル。
どちらも全振りを推奨だが、
育成中であればボルトテックPPセイブを先に取ろう。
ボルトテックPPセイブボルトテックPPセイブ必須雷系テクニックのPP消費量が減少するスキル。
全振りしよう。
タリステックボーナスタリステックボーナス投げたタリスから発動するテクニックに威力ボーナスを得るスキル。
タリスを使うのであれば全振りしよう。
チャージエスケープチャージエスケープテクニックチャージ中に回避アクションを使用すると、
一時的にチャージ中の状態をキープするスキル。
必要SPが少ないので育成中であれば早めに取ってもよい。
ロッドキープボーナスロッドキープボーナスロッド装備時、PPを消費せずにチャージエスケープで
キープしたテクニックを使用出来るスキル。
ロッドを使うのであれば取っておくとよい。
法撃ハイアップ法撃ハイアップ5振りで法撃力が+120されるスキル。
武器の装備条件に関わるので、育成中であれば先に取っても良い。
レアマスタリーフォースレアマスタリーフォース☆10以上の武器を使うのであれば1振りしておきたいスキル。
Lv2以降を習得する価値はほとんどない。
フォトンフレアフォトンフレア一時的に法撃力を上昇させるスキル。
先にフォトンフレアアフターバーストの前提分を振って、
最後に余ったSPを振るのもアリ。
フォトンフレアアフターバーストフォトンフレアアフターバーストフォトンフレアの効果終了後、30秒間法撃力が上昇するスキル。
フォトンフレアアドバンスフォトンフレアアドバンスフォトンフレア発動時に、さらに法撃力が上昇するスキル。
先にフォトンフレアブーストの前提分を振って、
最後に余ったSPを振るのもアリ。
フォトンフレアブーストフォトンフレアブーストフォトンフレア発動時に、状態異常を与える確率が上昇するスキル。
状態異常を与えたいのであれば、全振りしてもよい。
ロッドシュートロッドシュートロッドの通常攻撃時に法撃弾が追加されるスキル。
振るなら1振りor3振りor5振り。
ノーマルテックアドバンスノーマルテックアドバンスチャージしていないテクニックのダメージが上昇するスキル。
未チャージのテクニックは有効な場面が限られるため、優先度は低い。
法撃アップ2法撃アップ2法撃力が上昇するスキル。SPが余れば振ってもよい。
振る際は効果が高いこちらの方から振ろう。
PPアップPPアップ1
PPアップ2
PP最大値が上昇するスキル。SPが余れば振ってもよい。
法撃アップとは違い、効果は1と2のどちらも同じ。
タリスファストスロータリスファストスロータリスの速度が上昇するスキル。
欲しいのであれば振ってもよいが、使いにくい。
ショックブーストショックブーストショック確率が上昇するスキル。
効果が低いのであまり期待はできない。

サブクラス用ツリー

フォースをサブクラスとして使用する際は、上記3種のどれかをサブクラス用に調整する形になります。
テクターのサブクラスで使用する際、複合テクニックの威力を重視する場合は、
雷ツリー(Fo)と風ツリー(Te)、炎ツリー(Fo)と闇ツリー(Te)、氷ツリー(Fo)と光ツリー(Te)
を組み合わせると良いでしょう。

また、以下のスキルはフォースがメインクラス時のみ有効です。
サブクラスでは無駄になってしまう点に注意しましょう。

画像スキル名優先度解説
エレメントコンバージョンエレメントコンバージョン不要フォース(Fo)がメインクラス時のみ有効
チャージエスケープチャージエスケープ
ロッドキープボーナスロッドキープボーナス
レアマスタリーフォースレアマスタリーフォース
タリスファストスロータリスファストスロー
ロッドシュートロッドシュート

EP4対応版 スキル振りシリーズ

ABOUT THE AUTHOR

SOULチームマスターfuma
割と何でもやる人です。お絵かきとガジェット類が好き。
PSO2では「D・ビブラス飼育キット」や「看板もち」を生み出した張本人。

LEAVE A REPLY

Return Top