SOULWAVE

『PSO2:NGS』第1回CBT ステータスについて

約3分
アバター
スパ子
どーもースパ子でーす
引き続き『NGS』CBTの記事です
今回は少し変更のあったステータスについてです

「画像は『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』クローズドβテストにおいて撮影された実機画像です。開発中のため、正式版とは異なる内容であり、今後改良される可能性があります。」
『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』公式サイト
https://new-gen.pso2.jp/


戦闘力

プレーヤーのステータスや装備品の性能を、総合的に数値化したものです。セクションやトレイニアでは、目安として推奨戦闘力が設定されています。CBTの緊急クエストでは、受注条件に戦闘力950以上を求められました。最初に緊急警報が鳴ったときはまだ足りなかった為、急いでレベルや強化値を上げました。

攻撃力、防御力

今までは打、射、法で分かれていた攻撃力と防御力ですが、今回は統一されています。これによりマルチウェポン化して本体の武器の攻撃力を参照した場合でも、問題なく他の武器のPAやテクニックを使うことができます。

属性耐性

属性耐性は各属性ごとに分かれています。旧PSO2の属性耐性系の特殊能力が、補正後に状態異常耐性になっているようなので、それのことなのかは不明です(【例】フレイムレジストⅠ→レガロ・フレイムレジナⅠ:バーン耐性+2.0%)。第2回CBTで確認出来たら追記したいと思います。

威力下限補正

今まで技量によって決まっていたダメージの振れ幅に関しては、新しく威力下限補正というものが追加されていました。武器ごとにダメージ補正が設定されているようで、威力下限補正が上がるとおそらくダメージ補正の下限が上昇すると思われます。検証したわけではないので違うかもしれません。

まとめ

アバター
スパ子
ステータスは打、射、法、技量など無駄なものは省いた感じになります。特殊能力では、打射法ごとの威力倍率増加や、技量の代わりの威力下限補正があります。また、戦闘力が設定されるようになった為、旧PSO2のエキスパ問題のようなことにも対応できますね。

About The Author

スパ子
チームSOULでひっそりとマネージャーをするFi好きなゴリラまたはスパゲティ
いつも次の記事を考えてはみるけど出力する気力がなかなか湧かない
文章は苦手、数字は体で覚える、奇声しか発しない

LEAVE A REPLY

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE